おうちのコラム

これから起こり得る大地震に備え、新築計画される方に伝えしたい事

耐震等級という言葉を聞いたことがありますか?

あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、実は家を建てる上で大切な言葉です。
耐震等級には1から3まで、3つの等級があります。

耐震等級1 建築基準法によって求められている最低限の基準です。
数百年に1度発生する大地震(東京では震度6~7)で倒壊・崩壊しない程度、
または数十年に1度発生する地震(東京では震度5強)の地震力に対して損傷しない程度。
耐震等級2 耐震等級1の1.25倍
耐震等級3 耐震等級1の1.5倍

一部の注文住宅や、一部の大手ハウスメーカーでは耐震等級3を標準としている所もありますが、まだまだ一般的に建築されている建物は、「耐震等級1」すなわち最低限の基準を満たしているに過ぎない住宅なのが現状です。
耐震等級の1.25倍や、1.5倍と言われてもどの程度の強さなのか?
ピンとこないと思いますが、耐震等級3といえば消防署など災害時の支援拠点となる建物の耐震性能に匹敵し建物などで求められている強さであるとお伝えすると、耐震性の違いをご理解いただけるのではないかと思います。

大きな地震が必ず来ると言われており、また異常気象の影響での自然災害も増えてきていることが顕著であるのにもかかわらず、なぜ未だに耐震等級3の建物が増えないのか?

それには4つの理由があります。

4つの理由
理由1 耐震等級3は必要ないと考えている会社が多数あること
理由2 耐震等級3の建物は費用が高くなるので避けている会社がること
理由3 そもそも耐震等級について理解していない会社があること
理由4 お客様に耐震等級の説明をする必要がないと考えている会社があること

耐震等級が重要でもあるのにかかわらず、これから家を建てようとする方にとって一般的な言葉でない以上、プロとしてご説明する必要があると思うのですが、耐震等級3を取るには、プラン作成の段階から考える必要が出たり、価格的に高くなるのだから、予算重視のお客様は求めていないはず!との勝手な判断理由で避けている会社もあるのです。

では、ここでお聞きします。

あなたは家を建てるときに、大地震に1度だけ耐えてくれれば、その後の余震に耐えることが出来なくても構いませんか?
地震が起きた時、避難所に逃げる時間さへ確保できれば、後は立て直すなり大規模改修をする予算は確保してあるので、今回の家は住み続けることが出来なくても構いませんか?

この質問に対して「イエス」と答える方はいないはずです。

そして次にお聞きします。

あなたは自動車を購入する時に、移動が出来て、安ければ「シートベルトのない車」「エアバックのない車」「ブレーキの効きが悪い車」を購入しますか?

この質問に対しても「イエス」と答える方はいないはずです。

自動車も、安全装置についてはグレードによって選択する余地はありますが、必要最低限の安全確保の面を選択することはありません。
それはもはや、当然のことだからです。
住宅だけが、誰もが本当は求めている「大地震後でも住み続けられる性能の規準」を、選択する機会すらなく買わされていることは大きな問題だと思います。

大地震発生の可能性が高くなっている今、これから新築を計画される方に以下の4つのポイントを押さえて頂きたいと思います。
尚、これらの内容は熊本地震の被害を調査し明らかになった点が多くあります。

4つのポイント
1.壁量について
建物の性能を表す基準として「住宅性能表示制度」があり、地震対策には耐震等級のランクが指針となります。
熊本地震では等級2~3の建物でようやく耐えられる状況でした。
場合によっては等級2でも被害があったようなので、壁量や建物のバランスについては余力を考えて計画することが必要になります。
2.耐力壁の直下率について
直下率とは上下階の柱が同じ位置にあることを言いますが、耐力壁についても同じことが言えます。
単に階ごとの壁量計算をして等級3の建物だとしても、直下率が低ければ地震力の伝達が行われず、倒壊する場合があります。
3.金物について
最近の木造住宅には耐震用の金物が数多く使用されています。ただし、数が多くなるため使用方法や選定の仕方に注意が必要です。
また、金物を選択する基準が場所によってはギリギリではなく余裕のある金物を選択することが重要になります。
4.筋かいについて
木造住宅では数多くの筋かいが使われていますが、その使用方法についても問題が出ています。
使用方法によっては筋かいが破損することが多い為、面材で押さえることが有効になります。

耐震のことばかりを考えても良い家造りはできないかもしれません。
ただし、地震の発生確率は年々増加していますので、家造りの優先順位をしっかりと計画し、耐震等級3の家=普通の家となり、安心できる新居に住み続けてほしいと思います。

そして耐震等級3の家のメリットとして、強いだけではないこともお伝えしなくてはいけませんね。
実は耐震等級3の住宅には4つのお得なメリットが有るのです。

4つのメリット
メリット1 固定資産税が最大5年間半額
メリット2 住宅ローンの控除額が5000万円の1パーセントまで 拡大
メリット3 住宅ローンのフラット35は、10年間の金利0.25%安くなるフラット35S-Aの利用が出来る
メリット4 地震保険の割引率が50%

これだけのメリットがあれば、耐震等級3の住宅に対するコストアップへの対応について、問題ない範囲なのでは?と思います。
ただし一つ気を付けて欲しい事があります。
本来、耐震等級3の住宅を取得する為には構造計算を行い、住宅性能評価センター等に申請して、審査を通って始めて耐震等級3という法律上の認定を受ける必要が有ります。
今現在、耐震等級3相当という言葉が世間で出回っています。
これはメーカーやビルダーの独自の判断で耐震等級3を謳っているにすぎず、建築基準法上では耐震等級1扱いです。
この「耐震等級3相当」の住宅では今回ご紹介した耐震等級3の4つのメリットは利用出来ません。ご注意ください。

最後に、お客様から構造に関していただくご質問で多いのが
「耐震」「制震」「免震」はどう違うのですか?ということです。
以下に、簡単にまとめておきますので参考にしていただきたいと思います。

「耐震」「制震」「免震」とは
耐震(たいしん) 地震に耐える住宅
普通の地震ではほとんど損傷がなく、大地震で倒壊しない程度の損傷
地震の揺れは直接建物に伝わる。
制震(せいしん) 揺れを軽減する住宅
普通の地震では大きな損傷が無く、大震災では建物内部でエネルギーを吸収
地震の揺れは直接建物に伝わるが、2階以上では軽減される。
免震(めんしん) 揺れを伝えない住宅
普通の地震では大きな損傷はなく、大地震でも地震のエネルギーを伝えない構造
地震の揺れは直接建物に伝わらない。

【平成23年】東日本大震災
【平成27年】関東・東北豪雨(鬼怒川決壊)
【平成28年】熊本地震
【令和元年】台風15号・19号による被害

ここ数年で起こった、大災害。
被災された方だけでなく、日本中が衝撃を受け、悲しみに包まれました。
テレビに映し出される被災地の光景。
《家が崩れる》 という恐怖と失望感が伝わってきました。
倒壊する家とほとんど損傷の無い家、流される家と流されない家。
同じ被災地にあっても、隣あって建っていても明らかな被害状況の差も目の当たりにしました。
「あの残った家はどこのハウスメーカーなのか、災害に強い家を建てたい。」
これまで家づくりにおいて、価格やデザイン・ 間取りを重視していた方も、ご説明することで性能に目を向けていただけるようになりました。

私は耐震等級3を標準化しています。

私は耐震等級3を標準化していますつまり、これからは耐震住宅=普通の家となると言えるでしょう。
私たちが採用している、スーパーウォール工法の家は耐震性に優れた家です。
その上で耐震等級3であることは、家族の安全・地域の安全を守るためにも必要なことだと考えています。

新築であれば、「安全である」「快適である」というのは妄想にすぎません。
構造を考えたプランを造り、耐震性を出せる施工をし、気密性と断熱性を高めた家であることで、初めて、あなたの思い描く「我が家」のスタートラインなのです。
予算に限りがある場合は、目先の豪華さにこだわるよりも、後から取り付けることが可能な部分を整理することで「強く・快適」な家を手に入れることは難しいことではないのです。
家造りはパートナー選びが大切です。
あなたの本当の希望を引出し、形にしてくれるパートナーと一緒に家造りを楽しみましょう。