おうちのコラム

本物の高断熱高気密を知ることからの家づくり

  • 室温の設定での差も、最新の高性能なエアコンは上手に調整をしてくれます。
    室温の設定での差も、最新の高性能なエアコンは上手に調整をしてくれます。
    室温の設定での差も、最新の高性能なエアコンは上手に調整をしてくれます。例えば室温設定をよく言う推奨の28度から27度にした場合(正直28度は私は暑いと感じ体調がすぐれません)消費電力の差はほぼ無いに等しくならば少しでも快適な温度設定にしたほうが良いのではと?考えます。(これは住宅性能がだいぶ影響していると思いますのですべての家に当てはまることはないのでご注意ください)

    もちろん、省エネの意識が高まった東日本大震災の教訓を覆すものであってはいけないと思いますし、とはいってもエアコンを全くつけない消費電力はゼロなわけで究極の省エネはエアコンをつけないことに勝るものはありません。

    ただ、住宅において真の省エネを目指すなら、健康に対する配慮を忘れないで消費電力を減らすことが正しい考え方です。
  • 高断熱・高気密を無視した住宅は事故の発生率が高い
    高断熱・高気密を無視した住宅は事故の発生率が高い
    熱中症は自宅での発症が最も多いとのデータもあります。エアコンの風が嫌い、省エネじゃない(贅沢だ)と理解なしに嫌うことはあまり賢い選択ではないと思います。

    住宅を高性能にするとエアコンの風をダイレクトに感じることが少なくなります。局部的ではなく家全体が均一に冷房されます。設定温度によってはついているのかどうかも分からないくらい微風です。冬にはヒートショックの危険性が高まります。こちらも住宅内での事故が最も多いのです。
    このことからも、温度差変化の少ない、快適な空気環境の高断熱、高気密住宅が重要になります。
  • 高断熱・高気密の住宅ではエアコンつけっぱなし!
    高断熱・高気密の住宅ではエアコンつけっぱなし!
    毎年の夏の猛暑、この暑さをしのぐために皆様もエアコンを使用されると思いますがエアコンは省エネの敵!と会社でもご自宅でも極力エアコンを使わないで我慢している光景を見かけます。

    実際にエアコンの消費電力を考えると面白いことが分かりました。

    高断熱・高気密の住宅はエアコンをつけっぱなしにしてもエアコンはそんなに頑張ることなく常に一定の気温を保つので消費電力は極めて少なく、逆に我慢してエアコンを止めてしまい、いよいよとなってエアコンをつけると暖まってしまった室温を快適な空気環境にするのにかなりエネルギーを消費してしまいます。ならばつけっぱなしのほうがお得という結果になります。
  • 待ったなし!地球温暖化対策
    待ったなし!地球温暖化対策
    地球環境問題をテーマにした「不都合な真実」という映画があります。世界に起きている地球温暖化はここまで深刻なのだ。今すぐに温暖化防止の行動を起こさないと…。
    未来の子供達のために美しい地球を残す、北極の氷が溶けて清流のように、場所によっては激しく流れる透き通った綺麗な水を眺めながら悲しそうな表情を浮かべるゴア氏に心打たれます。

    弊社がスーパーウォール工法を採用して10年が経ちました。10年前からゼロエネルギーを意識して家づくりを行う大切な考え方を学びました。そこに家族、家計、建物、地球の4つの健康があり私の家づくりの基本として大切にしています。

    最近は健康と住宅の密接なつながりを念頭に家づくりを心がけていましたが、今、地球の健康をもっと伝え、地域の皆さまの家づくりによって少しでも環境に寄与したい!という強い気持ちを持ちました。
  • パリ協定で動きだした国際的な温暖化対策
    パリ協定で動きだした国際的な温暖化対策
    映画では地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」において、インドは「石炭燃料が枯れるまで石炭を使い続ける!」と減CO2対策、より経済、雇用を優先しようとします。アメリカもその昔150年そうして来たのだから、と。しかし、再生可能エネルギー設備建設の支援策によりインドは温暖化対策合意に動きます。一方、アメリカ大統領トランプ氏が協定からの脱退にサインします。経済と雇用を優先する政策です。世界規模での地球温暖化対策にとっては残念な政策です。

    テキサス州のジョージタウンでは100%再生可能エネルギーによってエネルギーを賄っています。太陽光や風力発電のほうが価格は安定して安いという理由ですが、自給自足ができているのであればお金も大事な要素だと思うので間違いではないと思います。アメリカの企業も再生可能エネルギー100%を目指し積極的な取組をしています。想いのある人たちは動いています。

    皆が知っている地球温暖化。でもその奥底に知らない、知られていない不都合な真実を見ようとしない方は多いと思います。CO2を出さないことは、いたってシンプルな考えでできることだと思います。家づくりもそうです。贅沢な設備を使ってより多くのCO2を排出するゼロエネルギー住宅より、断熱のような当たり前のことをしっかりと行いCO2の排出を抑えて、最低限の設備でできるゼロエネルギー住宅、パッシブの考え方が環境においてはいいに決まっています。小学生でもわかること。残念ながら不都合な真実を知っている大人たちには若干難しいようです。
  • 実際のデータから分かる真実の省エネ
    実際のデータから分かる真実の省エネ
    先日、OB様のお宅へお邪魔して光熱費のデータを頂きました。 12月〜1月の光熱費にとっては条件の悪い時期ですが、エネルギー使用量で自給率100%を達成していました。

    当然、光熱費は収入になります。年間トータルで一般的には24万円(月平均2万円)の光熱費がかかるデータがありますが、お客様宅は年間18万円ほどのプラスで両方の差額は42万円になります。 よく住宅ローンの借り入れ期間で35年のローン+光熱費(ライフサイクルコスト)を計算しますが、長寿命の住宅はその後も住み続けることが可能なわけで、その年数は6、70年、次世代まで引き継ぐとさらに長い年月になります。 このお客様はマンションからの住替えでした。

    家賃+光熱費は約11万円、スーパーウォールの家に住替えてからは約8万円。 快適な上にお金もかからなくて有難いとのお言葉を頂きました。
    住まい方も重要。いくら低燃費の車だとしても、運転の仕方によってはその燃費性能も充分に発揮できないことは容易に想像できると思います。
    住宅でもその使い方によってより快適に省エネに暮らすことができます。
  • 地域区分で住宅性能の目標値が違うけど…
    地域区分で住宅性能の目標値が違うけど…
    家づくりを考え始めた方は、省エネ住宅は世の中に沢山ありますが、パッシブ設計や基本的な住宅性能をしっかり担保できているかどうかを、十分に確認する必要がありそうです。

    千葉県は比較的温暖な地域とされています。そこまでコストをかけて断熱性能を上げたりする必要性はないのでは?と思われるかもしれませんが日によっては、日本で一番暑かった地域はなんと北海道です。

    現在の北海道網走方面の気温は30度オーバーが当たり前。千葉も変わらないですね。
    逆に冬は極寒でいたるところで水道管の破裂などを起こしていた千葉は結構過酷な気候です。

    そのことからも、地域に関係なく基本性能をおさえた家づくりは必然だと考えます。
    家づくりを考え始めた時には何から始めればいいのか?
    今はどんなことでもすぐに調べられる「ネット情報」が沢山あります。
    逆に何が正しいのか難しくしているとも思います。
  • 高断熱高気密が解らなければ省エネ住宅への投資は無駄
    高断熱高気密が解らなければ省エネ住宅への投資は無駄
    その判断の材料になるものをアカデミーでは皆様にお届けいたします。どんなに高性能でも使い方を誤っては性能は発揮できませんし、その性能自体もエビデンスに基づいたものであるかどうかなども含めて家づくりに必要な知識を学んでいただけたらと思います。

    例えば、住宅の壁に1mmの隙間が1mあったとします。快適な空気環境は温度とともに湿度も管理されなければなりませんが、たった1mmの隙間が1mあっただけなのに水蒸気の移動量は800倍にもなってしまうので適正な湿度管理などができるはずがないのです。

    このようなことを知らないで、気密にこだわらない(またはどのように気密をよくするのかわからない)実務者が家を建てるといくら省エネでもそれは機械などの設備に頼ることになり、快適さとはかけ離れてしまいます。寒い冬に服を着ないでホッカイロを全身に貼るようなものです。
  • 異常気象が続く現実に我が国の政策は
    異常気象が続く現実に我が国の政策は
    近年の異常気象は地球温暖化とか生易しい言葉で語っている場合ではないとつくづく感じます。脱低炭素社会の実現は一刻を争うのではないでしょうか?

    日本はエコに対し世界の先進国と信じていた時がありました。
    しかし今、世界的に脱炭素社会に動きだし再生可能エネルギー(太陽光や風力など自然の恵みを利用したエネルギー)に積極的に取り組む中、我が国は火力発電を推し進める政策を打ち出しています。世界からの大ブーイング、厳しい批判を受けたにもかかわらずCO2をまき散らす石炭融資を続けもはやエコの先進国どころか逆行しているのが現状です。
  • エアコンの設定温度と省エネと室温の関係
    エアコンの設定温度と省エネと室温の関係
    ところで皆様、夏のエアコン設定を何℃にするのが正しいと思いますか?
    クールビズ推奨の設定温度は28℃とされています。会社のエアコン設定温度などは28℃にしているところがほとんどなのではないでしょうか?

    エアコンには期間消費電力量という表示があります。(社)日本冷凍工業規格の算出基準に基づいて一定の条件のもとに運転した場合の目安になるもので、この値が小さいほど年間を通じて消費電力が少なくなります。この、期間消費電力量の条件ではエアコンの設定温度は27℃とされています。
    これを28℃設定にすると約10%の消費電力がカットされること、環境省推奨室温範囲も28℃となっていることなどを考慮すると最大限の省エネと室内温度の保持のための設定温度だということがなんとなくわかるんですが…

    夏には毎日のように報道される熱中症患者、高齢者の方に多いと思っていたのですが、年齢に関係なく危険です。その中で、しっかりとエアコンをかけている部屋にいたのに熱中症になってしまう患者も多いとのことです。

    省エネのためのエアコン運転が健康被害の原因になってしまうということが起きてしまいます。
  • 高断熱高気密の一番の目的は健康
    高断熱高気密の一番の目的は健康
    さて、これを解決するためにはどうしたらよいでしょうか?
    まず、室内環境において大切なのは「体感」だと思います。関係するのは室温と湿度。
    日本の夏はとにかく湿気が多くて暑く感じてしまうことは皆様ご承知のことと存じますが、解決するためには、環境と健康の矛盾と戦わなければならない方が多数なのではないでしょうか?

    そこで!皆様にお伝えしたいことは、自分にとって最適な室内環境を手に入れ健康で幸せな毎日を送ることと省エネな暮らしを送ること両方がどうしたらできるのか!ということです。その両方をかなえる方法があります。

    その方法は家づくりを始める前から取り組まなければならないことで、何から始めればよいのか?の答えです。
    まず、本物の高断熱高気密を知ることから家づくりをスタートしましょう!